神棚とは

神棚 神棚は、商売繁盛のご利益や、健康を保つと言われていたりと、神様から力を分けていただくためにお祀りすることが多いです。様々な効果が期待することができますが、お祀りの仕方が正しくないとあまり効果が得られない場合もあります。正しい神棚のお祀りの仕方は、「神棚の祀りかた・榊のそなえかたをご覧ください。

神棚(かみだな)は、家や事務所などにおいて、神道の神を祀るための棚である。
神棚には3種類ある。一般的に見られるのは小型の神社を摸した宮形(みやがた)の中に伊勢神宮や氏神、信仰する神の神札(お札)を入れるもので、これは札宮(ふだみや)といい、狭義にはこれを神棚と呼ぶ。神職の家など神式で葬儀を行う家には、仏教の仏壇に相当する祖先の霊を祀るための神棚があり、これは御霊舎(みたまや)という。他に、神札ではなく実際に神そのものを祀る神棚もある。以下、札宮(狭義の神棚)について説明する。

神棚は、最上階(または上に上階の床のない箇所)の天井近くに南向きまたは東向きに設置する。最上階の設置が困難な場合は、「天」または「雲」と書いた紙を天井に張り、その下に設置する。神札を納める宮形には、神札を入れる箇所が3箇所のものと1箇所のものとがある。3箇所ある場合は、中央に伊勢神宮の神札、向かって右に氏神の神札、左にその他の崇敬する神社の神札を入れる。1箇所の場合は、前から伊勢神宮・氏神・崇敬神社の神札の順に重ねて納める。

神棚の正面に鏡、左右に榊、灯明を置き、神棚の前方に注連縄をかける。神饌として米、塩、水、酒を供える。神饌の水および榊の水は毎朝、それ以外は月に2度(通常は1日と15日)新しいものに取り換える。神棚に参る方法は、神社と同様「二礼二拍一礼」である

参考文献:Wikipedia 「神棚」
神棚. (2006, 9月 25). Wikipedia, . Retrieved 09:50, 11月 27, 2006 from
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%A5%9E%E6%A3%9A&oldid=7890322

神棚には日本榊本舗の神棚用本榊を!

日本榊商品写真 最近、国産の神棚用の榊が店頭に出回らなくなりました。これは、安い外国産の榊が普及してきたことによります。安い外国産の榊は、伐採してからお客さまの神棚にお供えするまでに時間を多く費やし、新鮮な榊を神棚にお供えすることができません。日本の神様には日本の本榊を。私達は、日本の神様には、国産の榊をお供えするべきだと考えます。国産のため鮮度も高く、なにより日本の神様に、同じ国の榊をお供えすることができるのです。これは特別なことではなく、昔ではごく一般的に行われていたことです。
お客さまの神棚には、ぜひ日本榊の国産榊(さかき)をお供えください!

今なら「おためし便」にて無料で日本榊本舗の榊の品質をご覧いただけます!お気軽にお試しください!

日本榊本舗の日本榊を、実際にてにとって品質をお確かめください。
おためし便:今ならアンケートに答えると無料! 本榊(ほんさかき)を申し込むひさかきを申し込む

便利な定期便もご用意しております

本榊6ヵ月コース 本榊12ヵ月(月2回)コース 本榊12ヵ月(月2回)コース
本榊1ヵ月コース    
ひさかき6ヵ月コース ひさかき12ヵ月(月1回)コース ひさかき12ヵ月(月2回)コース
ひさかき1ヵ月コース    

ページトップへ


Copyright nihonsakaki.com All Rights Reserved.